脱毛×体毛・部位によって毛周期が違う

2016年11月25日

体毛と言ってもどこに生えているのかによって種類が違ってきます。
種類と言えば大げさかもしれませんが毛周期が異なるということです。

例えばエステサロンに通ったとしましょう。
そこで一度で脱毛が完了するということはありません。
目に見えている毛管を取り去ることができたとしても休止期に入っている体毛がありますので肌の表面から隠れたところで次の毛を出すために休止している毛乳頭があるということになります。
この毛乳頭が再び毛母細胞が分裂し始めたことによって成長期となりまた肌の表面から体毛が見えてきます。
今一度すべての体毛を取り去ったとしてもその後体毛が生えてこないということではないのです。

・頭髪
2年から6年の成長期、3か月から4か月の休止期
・陰毛
1年から2年の成長期、1年から1年半の休止期
・そのほかの体毛
3か月から5か月の成長期、3か月から5か月の休止期

このように同じ人間から生えている体毛でありながらもその部位によってこれほどに違いがあります。
成長気が長いけれども休止期が短いものもあれば、成長期が短いのに休止期が長いものもあります。

脱毛器を使用するのであればこのサイクルは覚えておきましょう。
多くの方は「そのほかの体毛」を処理するために脱毛器を使うはずです。
3か月から5か月休止期があるのです。
この後にまた時間をかけて体毛が出てくることとなります。
その時期になればまた脱毛器による処理が必要になるということです。